優しい素材 『優しい素材』は生活に寄り添った商品をお届け致します。暑くて使えない屋根裏を子供部屋や書斎として有効活用できるよう導く遮熱断熱シートはお家のスペースを有効活用するのにおすすめです。他にもマスクやお出かけ先の消毒に使える安全安心な除菌水や、獣害対策の電気柵などの商品を中心に生活に優しい素材のアイテムを取り扱っております。

遮熱塗料・断熱塗料を外壁に塗装すると冬寒くなる?

ガイナを塗ると冬にも効果がある

と、聴かれることがあります。

 

エネルギー密度

建物が太陽光線を受容する角度が90℃に近いとき、エネルギー密度は高くなり強く発熱します。

懐中電灯で見れば、真下を照らすと小さく強く明るくなります。斜め先を照らすと楕円に広がり、暗くなります。

 

夏場のガイナ効果

建物で考えたとき、太陽光線は屋根は夏期に直交して受容し、西は夕方、東は朝方に直交します。

南側(南壁)は直交することはありませんから発熱量は少なくなります。

だから、初の暑さを和らげたいときは屋根にガイナを塗装することはマストです。

 

冬場の太陽光線熱量

冬は、太陽の仰角は小さくどの面も強く発熱することはありません。したがって太陽光線によって室内が暖まることはほとんどありません。

断熱材が施工された家ではなおさら、弱い熱量の太陽光線が室内環境に影響を及ぼすことはありません。冬に太陽光線の影響で室内が暖かく感じることは確かにありますが、それは主に窓など開口部からの日射の侵入(ダイレクトゲイン)によるものです。

 

冬場のガイナ効果

冬場は太陽光線量の取り込みより、熱損失を減らす事を考える方が効率的です。

暖房で室内を暖めても壁や天井の温度が低ければ熱は逃げ、室内温度を上げても体感温度は上がらず寒く感じます。

ガイナを塗った壁や天井は周囲の温度に同化し、熱の移動を最小化します(ガイナは熱を持たないので)。

したがって、ガイナを塗装すれば熱を逃がさない環境が生まれ、断熱・保温効果が得られます。

コメントは受け付けていません。

特集