優しい素材 『優しい素材』は生活に寄り添った商品をお届け致します。暑くて使えない屋根裏を子供部屋や書斎として有効活用できるよう導く遮熱断熱シートはお家のスペースを有効活用するのにおすすめです。他にもマスクやお出かけ先の消毒に使える安全安心な除菌水や、獣害対策の電気柵などの商品を中心に生活に優しい素材のアイテムを取り扱っております。

屋根にガイナ

屋根にガイナ

 

ガイナを塗装した場合、真夏のピーク時に、塗装前と塗装後の屋根屋内側の温度差はどのくらいでしょうか?

 

工場の屋根にガイナ

スレート屋根

アスベスト含有により施工に制限がありますが、30~25℃程度の温度低下が見込めます。

折板鉄板屋根

天井がない施設では、20~25℃、天井がある場合でも天井温度は8~15℃程度は温度低下が見込めます。
※断熱材の有無で温度に差が生じますが、ガイナを塗装する限りでは、天井や屋根に断熱材がない方が、日中のムッとした感覚が少なく、夜間には室温低下が見込めます。

 

住宅の屋根
構造や断熱の方法によって違いが大きくなりますが、ガイナ塗装によりカラーベスト、瓦棒屋根、セメント瓦等いずれの場合でも大きな効果が期待できます。特に、2階の日中の室温は低下し蓄熱量が激減するので、夜間の寝苦しさの解消には大きな効果を発揮します。

 

夜間クーラーなしで眠りたい

 

前述のとおり、ガイナは昼間に断熱材が蓄熱することが無いので、夜間断熱材から熱が放出されることがありません。

従って、室内が外気温と同じになり「「むっと」暑さが軽減されます。空調を使わなくても眠れる環境が実現します。

少なくとも空調を空調を非常に弱い設定にできます。

コメントは受け付けていません。

特集