優しい素材 『優しい素材』は生活に寄り添った商品をお届け致します。暑くて使えない屋根裏を子供部屋や書斎として有効活用できるよう導く遮熱断熱シートはお家のスペースを有効活用するのにおすすめです。他にもマスクやお出かけ先の消毒に使える安全安心な除菌水や、獣害対策の電気柵などの商品を中心に生活に優しい素材のアイテムを取り扱っております。

夏を快適に過ごす

 

「ガイナを塗布」or「GAINAルーフ」を敷設

屋根の表面で太陽光線による発熱が大幅に減少し、表面温度は概ね外気温と同じくらい になります。

ガイナを塗装した屋根の上は、真夏の日中に裸足で歩いても熱く感じません。 屋根での熱の発生量が激減しますから、屋内で蓄熱される熱量も大幅にカット。 夜間の寝苦しさの原因は建物が大量に蓄熱してなかなか冷めず、室内に放熱し続けるからです。 ガイナ塗装した建物では夜間に低下した外気を室内に入れるだけで室内の温度も簡単に下がり、 寝苦しさの改善に大きく寄与します。またエアコンの立ち上がりが早く、冷やしすぎなくても涼しく感じられ、 省エネルギーにも寄与します。

 

夏が暑く冬が寒い最大の理由

太陽の入射角にあります。真 夏には太陽光線は地面に対して真上から降り注ぎます。その 時、地表のでの太陽光線の密度は高くなります。冬には地面 に対して小さな仰角で降り注ぐので、地表での太陽光線の密 度は低くなります。そして太陽光線の密度が高い方がより発熱量は多くなります。建物にあてはめると屋根に降り注ぐ太 陽光線の密度が一番高く、西壁以外の外壁の太陽光線の密度 は相対的に低くなります。ですから、夏の暑さを緩和するには屋根に対策を施すことは必須です。

 

断熱材では防げない夏の暑さ

断熱材は、片側から伝わった熱エネルギーを断熱材内部に 溜め込むことで反対側に伝わる『時間』を遅らせることを 目的とした物体です。性能の良い断熱材ほど大量の熱を蓄 えますから、夜間に外気温が低下しても室内温度は低下せ ず、寝苦しい夜を過ごすことになります。このように冬に 有効な断熱材も、夏には熱負荷となってしまうことがあり ます。(夏期に、断熱材を使用していない土壁の家の方が、 高断熱高気密住宅よりも、エアコンを使わなくてもすむ時 間と期間は長くなります。しかし外気温が 35℃を超える ような日で、エアコンが必要な時には気密断熱住宅の方が 確実に涼しくなります。)

 

だったらどうする

断熱材に熱をため込ませないために、「ガイナ」塗布、又は「GAINAルーフ」を敷設することが効果的になります

 

お問い合わせ先

   株式会社アリオト

   ℡  082-434-1431 

   mail info@arioto.jp

コメントは受け付けていません。

特集